脱毛サロンによって脱毛方法に違いがあるの?

 

肌への影響もある脱毛ですが、

 

脱毛方法によって
肌や肌質に与える影響はどうなんでしょうか?

 

大きく分けて3つある脱毛手法、
簡単に違いを説明していきましょう!!

 

 

医療用脱毛

 

クリニックや医療機関などで行われる脱毛方法です。

 

脱毛サロンの光と比べ
使用する「医療用レザー」の出力は高く、
短期間の効果を得られます。

 

しかし、強力という部分もあり
肌へのダメージも同様になります。

 

 

IPL脱毛

 

インテンス・パルス・ライトという脱毛法で、
ムダ毛の毛根のメラニン色素に対して光を照射し、
脱毛していきます。

 

クリニックなどで使用する医療用レーザーよりも
照射出力は弱く、もともとシミなどの治療に使われていた
光脱毛の手法です。

 

傷の心配などはないですが、
S.S.C脱毛と比べると少し痛みを感じる方もいます。

 

 

S.S.C脱毛

 

スムース・スキン・コントロールという脱毛方法で、
光に反応するジェルを肌に浸透させながら、
光脱毛をしていきます。

 

ジェルを使用することで、
過度な照射を防ぎ肌を守ります。

 

 

クリニックでは「医療用レーザー」による脱毛方法。

 

そして、脱毛サロンでは「IPL脱毛」「S.S.C脱毛」
という脱毛方法になります。

 

脱毛方法が脱毛サロンによって違うことはわかりました。

 

では、どちらが肌にとって良い脱毛方法なんでしょうか?

 

 

肌質にいいのはS.S.C脱毛です!!

 

そうなんです!!

 

S.S.C脱毛が肌もきれいにしながら脱毛できる手法なんです。

 

どうせやるなら肌をいたわりながら「脱毛」したいですよね。

 

「痛くない」「肌がきれい」「肌質が良い」なんて贅沢ですけど、
脱毛サロンによって変わってきます。

 

自宅でボディクリームを塗った時には、
かなり実感できると思いますよ!!

 

 

【※立川の全身脱毛サロンベスト5!をご紹介】

 

立川で全身脱毛【※おすすめサロンを徹底比較しました♪】へ戻る。